マンションリフォームの注意点

分譲型と言っても集合型住宅の場合には専有部分しか手を加えることができませんので、分譲マンションのリフォームでは注意しなければならいない部分が多くなってきます。
通常であれば共用部分は管理組合が管理していますので、個人が手を加えても良いのは専有部分だけになります。


専有部分と共用部分の境界線は勘違いしている人も多くいますが、あくまでも内部空間だけが専有部分となりますので、バルコニーやベランダもそうですし、玄関ドアに関しても共用部分となるのが普通です。



さらに外部に面したサッシなども共用部分となるケースがほとんどのですので、マンションリフォームを行うには管理規約を確認することからはじめる必要があるのです。

管理規約は管理組合によって定められていますので、マンションによって異なるのが普通です。

リフォームできる部分に関しても管理規約によって制限される場合がありますので、中古物件を購入してリノベーション的な改修工事を考える場合には注意が必要となります。



管理規約では、騒音の観点から床に使用する材質について指定されているケースもあります。


特にフローリングでは、防音工法を採用したり防音性能が高い材質を使用しても必ず音が発生するため、管理規約によって禁止されている場合もあります。マンションリフォームの基本として、専有部分であっても構造体には手を加えることができないのが普通です。



特に壁式工法を採用しているマンションでは、耐力壁がリフォームの邪魔になるケースがありますが、強度不足を引き起こしますので構造体に手を加えることは絶対にできないのです。



今、話題の家づくりのコンセプト|株式会社 YAZAWA LUMBERの情報が欲しい方必見です。